ブログトップ

阿漕に30からも女というのなら。

itsmeitsum.exblog.jp

エゴスプリットし続ける自分も愛し、自我分裂快楽主義者としての自分を確立しよう。揺るぎ無い主義として。斜に構え心に浮かぶウタカタをしばし沈思黙考。音楽で清め文学に溺れる。どれもこれもホントの私。

<   2006年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧

b0055123_22185977.jpg


六月もあと一日ですなぁ。

読んでる本が変わったんで、文の感じも変わってきたねぇー。そーそー極力、バイオレンス、暴力的なこと、シーン、とか書きたくなったんだよねぇー。

まっワタシは暴力とは現在は程遠いところにいますし、縁遠いですよ、えぇ。でもそういうもんをさ、女が書くってのはなかなかないんではと思って、より想像力を働かせてます。もとがそんなもんは、やっぱ男性的なもんですからイメージも限界があるだろうし、実際に「殴る」一つにしても感覚がね、分かりませんよ。いかにシンクロできるかってことですか。

色んなシーンを書いてみたいと思って「妄想」カテゴリー作りました。これから暴力だけに囚われず、エロ・グロとかも挑戦したいっすね。

あっ今日の写メ。

土曜日にエルガーラにギリギリ駆け込んで買い込んだといってもチーク・ファンデ・ハイライト・刷毛・リップペンシルくらいなんだけれども、マリークワントの、これで2万近くですよ。
化粧品って高いよね。
高校生だった時分、すごい欲しくってなかなか手が出なかったマリークワントの化粧品。なぜかいまさら買い込んだ。
あーマスカラ欲しいなぁ。昔はコレクションするくらい何色も、何本も所有してたのになぁ。
マスカラ好きだな。来月の誕生日、プレゼントはマスカラ下さい。

今週はばっちりメイクでやっつけ仕事。

明日はナツコと二人餃子で飲み。
途中メンズの調達はいるかいな。多分、いるな。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-29 22:18
さらに暴力的な事柄を考えつつ、今日も朝からニタついていた。今日も今日とて笑いを浮かべてというのは、もうこれは立派に鍛錬という域に達することだと思う。何処まで凶暴な考えが出来るのだろうか?立ち止まりはしないが、それに近いところまでまできて顔をあげてみた。なんだ、いつもなら目障りなほどにたらたらと歩いていく、あのガキどもが一人もいない。テスト時期だからであろうか。あの低脳なレヴェルの奴等が、それでも上下を決めるというのか。やはり無駄な存在なだけだ。どうせ、アイキュウ0の親から生まれたんだろう。だから当然にあいつ等はマイナスだろう。

一撃で完全にぶちのめすことができるであろうか…その一撃を逃した場合、女である自分は逆にやられてしまうという危険もあるし。ここは十分に検討すべき問題である。とりあえずイメージトレーニング代わりに次にすれ違うハゲをどう攻撃するか…
これを積み重ねていくことで、この町中が哀悼の意で飾られる花で埋め尽くされる。

もはや笑いが止まらない。これでは目立ちすぎちゃうなアハハ。

ハゲとすれ違う。既に人間ハンバーグだ。


一人一殺だなんて甘いこと言わずに、やたらめったらと次から次にやってくる客を虐殺マシーンにかけていたら時間なんてあっという間に過ぎていった。仕事を終え、また同じ道を帰っていく。日々強くなっていくこの殺戮の欲求は、どんな形で埋めればいいのだろうか。

うめる。うめられる。うめてやる。うめられてやる。「られる」という使役。「やる」という上からの物言い。「うめてやる」と「うめられてやる」はどちらの方がより人を小ばかにできるのだろうか。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-29 20:14 | 妄想
朝から暴力的な事柄を考えながらニタついている。誰でも構わない、殴りかかりたい気持ちを歩を進める活力にしてみる。歩くスピードが早くなる。

なんと言っても起き掛けにみた夢がふざけすぎていた。緑色した鋏と人間の合いの子。そのファンシーさに恐怖心というものは全くもってなく、自分はただただ笑って馬鹿にした態度をとっているのだった。

イラつく。

もっと暴力的なことを考えて歩くべし。手っ取り早く馬鹿面をしたこのガキどもをジャガイモやなすびやトマトなど野菜に見立てて、もぎとって鎌でぶった切ってやるとか。トマトなどは近隣住人の所有する高級外車、ベンツなどに投げつけてその果汁を散乱させる。或いは今すぐに自分の部屋に駆け込んでジュウサーにぎゅうぎゅうに押し込んで、わけの分からない、形容できない色の、ひたすらに不気味な色の、見るからにまずそうな異臭を放つジュースにする。判別のつかなくなるまでに混ぜて、違う物体へ変化させる手助けをする…手助けだ。また単に空気銃などで打ち抜いて貫通。踏み潰してどろどろにしてやるという無駄。火中に放り込み炭になるまで焦がし続ける。害虫どもを靴でぐちゃぐちゃに踏み潰すことと同様。ただの無駄死に的なもの…。
ついでだ。目の前に行く、この鈍臭い婆もダサい街娘も、ウォークマンからがしゃがしゃとやたらお機会音的な音を漏らしながらだらだら歩くこの腰パンも、目障りだ。消去してやろう。より暴力的な手段で。またより残酷な手口で。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-28 23:37 | 妄想
報告から。

西日本新聞をご購読の方、今朝の新聞ご用意下さいませ。そうそう、ペリカンカフェのレポートですよっ。ワタシ、載ってますから!といっても写真なんですが。

あっ分かります?

そーそー、二列目のメガネっ子だよ。

でもね、何だって生が一番だよね。話、ずいぶん変えられてるし。まーそーだろー。あのままツカの言葉そのまま書いたら、そりゃー色々、規制かかるでしょー。

ワタシ?勿論スクラッチ。
じゃなかった、スクラップ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-28 22:49
さて、まぁ始まりが“さて”っていうのは、非常におかしく馬鹿げているんだが、今の自分の気持ちにぴたっとフィットする言葉が“さて”だから、自分に正直にいってみようと思うしだいである。

で、さて、自分はことあるごとに物書きや小説家というものを強調してきている以上、やはりそれなりの創作活動ってのがあるってもんだよな。でも、全然、最後まで書き上げれないのはやはり執着だと思う訳っすよね。執着力ってのがない。自分ではこれはイケるんやん!とか思って楽しく書いてるうちはいいが、ちょっと時間が経つと、あぁーやはり凡人だなぁー、ダメだぁーぼかぁー(僕は)、夢見てゴメン、ってモチベーションが下がってしまって後は、決まりきった日常にさらさらと流されてしまうんですわぁーな。

つい半年ほど前のこと。ここを読んでた、自分と志が同じ、っていうか向こうの方が同人誌とかやってて自分よりも志が上なんだかれども、その人に中原昌也にテイストなどが似ていると言われたことがあって、自分は実はそのことが大変に不満であった。ダレ、カレ?
で、でもまぁ似てるって言われりゃーその人が書いているものも読んでみてみるってもんで。それで、最近よく読んでる。

カッコイイのな。かれ。

あんな人に作風とかテイスト似てるっていわれりゃー、喜びますとも!!!!ぶらぶらぶらぼー。

という感じで、今のやつ書いたら次はもっとバイオレンスなものを書きたいと思うんでありますわぁーな。

あまりにも雨がこうも続くと、飽きるってね。ママンに頼まれて、婆の家にメダカを取りに行く。
ワタシは知っている。
彼らがいつまでもワタシのことを子供だと思っていることを。
だからわざと
ねぇーメダカって一日、一回しか餌をあげなくてもいいの?だってワタシ、一日に一食とかだったら全然、足らないもん。
とか平常よりも高い声で質問をする。その質問の答えは既に予想できている。婆と一緒に住んでいる酒びたりな、ニートというのが年齢制限のない表現なら極めてニートな叔父が
当たり前やん、オマエと違うっちゃけん、と答えをだす。笑って、目を細めて。酒くさい息で。

ワタシはいつからか人に甘えない女になった。でもそれはすごく親しい人間関係の中であり、多くの人が通常に甘える程度に、ワタシはママンやネコ、或いは肉親に予想できないくらいに甘えている。ママンなんかワタシのことを白痴扱いするくらいだ。
だからなんだ。
あー本当のことは誰にも言わないんだぁっつーの。
またぽいっと軽く捨てられるのは、それは痛いからね。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-26 22:14
つかこうへい氏が選んだ5曲というのは

賛美歌312番(いつくしみ深き)
ローズ…ベット・ミドラー
タンク!
レット・リバーラン(ワーキングガール主題歌)
レット・イット・ビーミー…エルビスプレスリー

でした。あとチャゲアスのエピローグとかあげてたいらっしゃいました。

さすがっすね。二時間退屈することなく、笑いっぱなし。

つかこうへい氏の作品に共通する、女性の逞しさだとか、母性だとか。を軸にまぁ最近起こる事件とかに触れたりと。その中でつか氏も、これだけは覚えて帰ってください、というのがあってそれは書かなならんだろーと。

ワタシ達の幸せは誰かの不幸せのうえに成り立っている。それがデモクラシー、民主主義というものだ。先日、ムラカミが「お金を儲けてなんで悪い?」とTVでいったが、金を儲けることは悪くない。ただその何十億とムラカミが儲けた裏には、何十臆と損をした人がいて、それは寝たきりに老人のお金だったのかもしれない。彼はそのことを考えたことがあるのだろーか。また、ワタシ達が日々、安易にスイッチをいれるクーラー。快適だなぁー。この快適さは、アジアの他の貧しい国やアフリカ諸国etcなどにクラーをいれさせないからできることである。例えば黒い顔の人が「僕の部屋にもクーラー、おねーちゃんの部屋にもクーラー」とか言って、一家に5台とかクーラーを要求した場合、資源は一気になくなってしまうのである。これが民主主義である。デモクラシーである。我々の幸せは大小に関わらず、一つ幸せを掴めば誰かが同等の一つ、不幸せになるという仕組みになっているのだ。

こんな感じのことを言ってらっしゃいましたね。

生でみるつかこうへい氏にものすごくテンションが上がった。前から2列目でばしっと見つめ続けましたとさ。
平社員はスバルとマイウェイを歌ってはいかんとか。役者はある意味、世間から嫌われるくらいの存在感がなきゃーいかんとか、東海道原発の事件とか、つぎの「売春捜査官」のコンセプトだとか。その人にぴったりの曲ってのがあるとか。

とにかくとにかく久々に、文学的に刺激される一日でありましたと。まぁーそのあとは堕落しまして買い物三昧、でご飯食べてクラブいって、酔っ払ってかえってくるだとか。
約3週間ぶりのクラブはやっぱり楽しかった。そら所々不愉快になる場面もあって、すれ違いざまに外人のもっていたタバコの火が腕にくっついたとか、酒をぶっかけられるとかね。それでも概ね、OKという判断がでるくらいに楽しいことが多かった。

っていうか。今日の文章、ちっともダメっすね。でもレポートとか兼ねたらこんな感じにしかならんでしょー。まっまた明日からカッコイイ文章でお届けしたいと思いますとも。では。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-25 21:37
b0055123_2234167.jpg


じゃじゃぁーん。
ドラが心の中で響いております。今日もメロンパンと豆花を食べるleftai。が今宵もアナタに…

なんちゃって。
キレイに始めてみよーかとも思ったが、ドラ・メロンパン・豆花、ちなみにトーファとよぶんだが、などいう単語がしまらないねぇー。
そーなのよ、ワタシはねぇー「嵌る」というか執着というか、しつこいんですよ、好きなになったものに対するフェイバリッド度数がですねぇー。豆花は去年も毎日のよーに食べてたし。メロンパンも2週間目ですよ。執拗に求めますとも!明日も勿論、食べますとも。

ところで。
今日も写メである。して、これが何か分かる?入場券ですねー。

西日本新聞社が主催のペリカン・カフェというイベントがあるんだけれども。今回ゲストが、つかこうへい氏ですよぉー。新聞で見つけてからすぐに応募します。人生で数える程度しか購入したことない往復書簡でだ。
定員60人。
勿論、抽選。しかも名前とか共にご意見!とかも書かねばならんかったわけですわ。
俄然やる気だしますわぁーな。
って嘘です。職場でツラツラ書きました。抽選に漏れた時に、あぁーあの時は職場でツラっと書いていて全然真剣みにかけたものであった為、当たらなくても仕方ない。というか、真剣に書けば、自分も一応、文学を志しておるんで、これ、間違いなく当たるに決まってる、落とされる訳ない。
とか逃げの場をちゃんと用意しとったんですねぇー。ズルイか?ずるいさっ狡猾さっ。だって、曲りなりとも物書きを目指してるんで、「書き」に対しては拘りとかプライドとか他人よりはそら、あるちゅーねん!って大阪弁も使ってみるって、ね。

つかこうへい氏の作品は「井戸のある街」から入って、はや12年。たいてい読みましたね。劇団に興味が出たのもその影響だ。

土曜日、生でみれるつかこうへい氏…あー興奮すんなぁー。

また、そのことは改めて書くとして。週末は既にぎゅうぎゅうなスケジュール。でも土曜日の夜の定位置はあそこっすよ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-22 22:03
b0055123_2231521.jpg


昨日、世事にもっとツウになろう、って書いたんで、テレビジョンなど点けてみる。

このセロいうマジシャン、すごいよなぁ。
顔、好みだし。
ええ男やなぁーええ男やなぁーええ男やなぁー。
マジシャンの彼氏ってのもオツですかい!?


ちょいと今日はやる気なんでこのへんで。
いい感じの場面を思いついた。内緒だけど。

書きたいことが沢山あったはずなのに、忘れてしもうたよ。
テレコ欲しいな。
いくらするんだろーか。

ちなみに明日21日は100万人のキャンドルナイトということで。



ー「でんきを消して、スローな夜を」ー

私たちは100万人のキャンドルナイトを呼びかけます。
2006年の夏至の日、6月21日夜、8時から10時の2時間、
みんなでいっせいにでんきを消しましょう。

ロウソクのひかりで子どもに絵本を読んであげるのもいいでしょう。
しずかに恋人と食事をするのもいいでしょう。
ある人は省エネを、ある人は平和を、
ある人は世界のいろいろな場所で生きる人びとのことを思いながら。

プラグを抜くことは新たな世界の窓をひらくことです。
それは人間の自由と多様性を思いおこすことであり、
文明のもっと大きな可能性を発見する
プロセスであると私たちは考えます。

一人ひとりがそれぞれの考えを胸に、
ただ2時間、でんきを消すことで、
ゆるやかにつながって「くらやみのウェーブ」を
地球上にひろげていきませんか


こーいうこともね、たまにゃーやならでしょーよ。世事つうですもんアタイ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-20 22:03
視線の先に紫陽花の花…

昨日、ペットの気持ちを解放してあげようと思い電話で伝えると、まだ解放されたくないなど言う。
でも、ワタシ、責任取りませんから。

あー鬱陶しいわっ。
皆様の愛と寄付金でなりったておりますleftaiです。こんばんは。

昨日は、ナツコとランチに行って参った。ここんとこ、怪我や病気が何かと付き纏っているが、昨日もそうだ。トイレに入るなり、鍵をかけるために回した手が、壁に張ってあったポストカードだかポスターだかにあたって指先をばっさり切る。流血。指先は商売にかかわるかわなぁ~と滴る血をみて思うが、左手でギリギリ、セーフと。ナツコの持ち合わせいたネコがキャラクターの絆創膏で止血と。
食べてすぐ帰るのもなんだからといって、二人でドライブがてらショッピングモール巡りと。
つぅーのも、ナツコが任天堂DSですか?合ってますか?アレを欲しい言うて、コレまた全然、手に入らない。何処にいっても売り切れ。完売と。
って、そんなに流行ってるのか?と。

しらなんだ。
やっぱ、積極的に世間に繰り出していかなならんなぁ~。
世事の疎さを痛感。

サッカーみましたか?
みてないよっ、わたしゃー。
こんなとこからいかんのだろーなぁ。アレ、全然、オモロないし。興味ないし。いやいや、我慢して世事にツウにならななぁ~。

我慢でブラジル戦を観るか?
観るわけないけど。

でも、

視線の先に紫陽花の花。
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-19 22:34
…世の中の人間は今現在の自分をあるがままに見られない。今の自分は本当の自分じゃないと思いたがる。“自分探し”なんてくだらぬものがブームになるのも、そういうあらわれだろう。“本当の私はこんなんじゃない”とか、“本当の私がきっとどこかにいるはず”と思いこむことで、現在の自分を直視することを避け、今現在の自分の状況が不満足なものであることの責任から回避しようとしているわけである。
 明日がどうだろうと、昨日がどうであったろうと、問題はいま現在の自分なのであって、いま現在のアナタは、明日のアナタとも昨日のアナタとも違う、いまそこにいるまんまのアナタでしかない。
 もういいかげん、いつかなるであろう(たいていは絶対になれない)素敵な自分にばかり目を向けるのはやめようじゃないの。
 そんな自分よりも、今の、ダメな自分、どうしようもない自分、泥沼に足を踏み込んでジタバタしている自分を愛そうじゃないの。


「素敵な自分」を見失う本ーまえがきー 唐沢 俊一
[PR]
by itsme.itsumi | 2006-06-18 21:43

by itsme.itsumi