ブログトップ

阿漕に30からも女というのなら。

itsmeitsum.exblog.jp

エゴスプリットし続ける自分も愛し、自我分裂快楽主義者としての自分を確立しよう。揺るぎ無い主義として。斜に構え心に浮かぶウタカタをしばし沈思黙考。音楽で清め文学に溺れる。どれもこれもホントの私。

<   2007年 11月 ( 26 )   > この月の画像一覧

健康的に今日も歩いて出勤したさぁ~。

またあの爺がいたけど…

明日も歩こうっと。

体力作りっすわぁーねぇ~。

で、だ。

金も欲しい訳ですよ。

昨日、思い切って、宮の参道にある餅屋に「バイト募集」の文字をみつけて飛び込んだねぇ~。

「学生さん?」

オイオイ、30過ぎだって。

見た目、ニット帽にヘッドフォンというオカDJ。若く見られるのは嬉しいねぇ~。

つぅーことで、決まったら今月から土日・祝日は餅屋でバイトっすよ。

まぁー彼氏もいないし、作品はできあがりつつあるし、イベントはどーでもいいし、クラブにはいかないと思うし。
最近、電話で友達と話したとこによると…

「12月、なんかいいイベあるかいな?」

「福岡とかに年末、大物とかくるわけないやん!」

ということで、まぁー自分はサイコーの音はまりってやつを求めるからして、別にクラブに友達作りとかでいかないからして。だ。だったら、いかない。つぅーて、もてあましてる時間を金に換金しよーとバイトとかする気になったのでございます。

さて、今からまた推敲っす…

なんか、目指す方法がますますわからなくなるんだなぁ…。

まっいいかっ!

ということで。

簡単アップの日が続いております。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-29 23:27
通勤が怖いの。
あの例のキチガイちっくなじーさんがさぁー待ち構えていてさぁー。

そこね、歩道が広くって、自転車が本来通るべき所は車の多さとかでさぁー、誰もそっちは通らずさぁー結果、歩道の方を高校生のガキとかもチャリで通ってるのね。

今日は、歩きで出勤。

だから歩道はなおのことOkであるはずがさぁー…

また爺がいて。

怖くって避けてすれ違ったの。ヘッドフォンは装着です。

ガキを怒鳴るとことかみたくないでしょー。自分とか特に小心者なんでですねぇー、恐怖なんっすわぁーその道が。

で、歩いてる。

避けて歩いた。

たらさぁー爺がさぁー避けたワタシをみて激昂したのか、また詰め寄ってくるんですよぉー。

オレは見張ってるんだぁー!!!!!!

って、傘振り回す意味とかありますか?

明日も歩きでいくつもりだけど…

怖いんだな。

職場にて上司に相談する。

警察にいけだと。

ということで、金曜あたり警察にいくかなぁー、相談しに。

今年はやたらポリースメーンと関わっちゃうんだな。

出頭とかじゃありません、悪しからず。

善良な一般庶民なのでございまーす、ワタシ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-28 23:06
相変わらずアイポッドに翻弄させられております…。

でも職場までの道のり、帰り道、テクノ三昧ってのはテンションがあがるよ。ヘッドフォンから直にガンガンと音が気持ちよくって、帰り道は暗がりってのをいいことに頭とか振りながら踊りながらチャリこいでたりしてねぇ。

イッテる感は否めないでしょーねぇ~。

でもいいの。好きなんだ。そんなワタシも。

胡散臭くって、胡乱ななんだけど。

朝ね、またあの怖いじいさーんがいて、怒鳴られまくってます。ホント怖い…

何?あの人?絶対、頭おかしい。

さて、今日も書きますかね。

ってか、今日から少しずつだけど書いたものをココにもアップしていきたいと思います。

良かったら読んでくださいませ。

まだまだ手を入れるけど。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-27 22:35
また眠剤の量が解らなくなってしまった…

調子がいいと思って減らして、今日は気持ちも完全に切り替えてまたウォーキングとかしながら職場までいくつもりだった…

浅い眠りしかとれない。
何度も目が覚めて、最後は加呼吸で目が覚めた…

身体が重い。

抗えない日常に押し出されて、現実を目の前に叩きつけられると吐き気がした。

冷や汗ってやつが生まれて初めてワタシの身を襲った。

怖かった。

便器に顔を突っ込み、オェーとかえづいていても吐こうにも吐けないでいた。

全てが無気力と言うか…面倒にしか思えない。

昨日、あれから年内に仕上げてしまおうと思っている作品に手を付けた。改めて計算してみたら軽く20万字は書けていた。内容や技術はまだまだにしろ、一応、目処がついてきた。

そりゃー、アングラとかをメインに書いてきたもんで、半分はノンフィクション的にボイスレコーダーとかで今まで取材ってかね、話を聞いてきたこととかさぁー書いてる訳ですよ。ジャンキーネタたっぷりなんで、それを戯言だ!って言われてしまえばそーなのかもしれないが。それでもワタシ的には半年以上、真摯に作品とは向かい合って書いてきたつもりのものであるから、自信というか…新しいものであるとは自負している。だって、何故かジャンキー系の作品って男が主体となって書かれてきたものばっかでしょー!?女の目線で、時に同化もして書き上げたものだ。

批判は当たり前だと思うが…
止めて欲しい。弱いから、また決断が鈍る。自分の才能のなさを痛感させられる。

それでも書きたい気持ちってのは抑えられない。

ココはワタシの城だ。

管理人のワタシがしっかりしなくてどーする?

基本、サーヴィスなワタシはね、皆が笑ってくれるなら、まっ脱いでもよござんす、所詮、冗談の国の人だからってなくらいで毎日、出来れば、出来るだけ面白く書いているつもりだ。
だからさぁー、ワタシのとこでイヤな思いとか誰もして欲しくない訳ですよ。

悩んでる。相当に悩んでる。

こんなんじゃ書けないし。
書きたいことも書けないてのなら、それは本末転倒ってやつじゃないかって思う。

責めてる訳じゃないけど。
プライドってもんがある。

止めたい…
書きたいけど止めたい…
怖くって書けない…

ココはワタシの城なのに。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-26 21:18
散らかり放題の部屋をみて愕然とする。
夢の中で何度も繰り返して覚えようとしていたのに、ああ、まただ、面倒さの方が勝ってしまってやっぱりね、ホラね、忘れてしまって、ただ折り紙のよーな薄っぺらに折られて作られたキッチュな成りをした女の子ってことしか覚えてないよ、たくぅ、ね、そこで起き上がって書かないと全て忘れてしまうって解っているだろ?自問自答を繰り返す。

少しずつ掃除をして片付いていく。

車を運転すれば、目の前に昨日、満月だった月が煌々と見えた…

何か喰わなきゃ自分を、試せないって訳かい?
いやいや、違うよ。
オレはジャンキーじゃねぇ。
入れなきゃ120%とか180%なれないってなら、喰わなきゃスーパーマンにもなれないってならジャンキーと呼ぶがよいが。
生憎、日常もマインドだけでオレはデジタリズムで築き上げたスーパードラッグクィーンにもなれちゃうってもんだから。


このまま、空想にフケるか…
現実とコネクトしてアッパーにラブ&ピースにいくか…

二択に迷っているとぐったりとした自分の前に友達が男を連れて紹介にやってきた。

「よろしくぅ~」
「こちらこそ、よろしく」

畜生!現実とコネクトしなきゃならねぇて訳か!!
ただ細いだけでエロも色気もねぇ細い腕を差し出すと男は

「おぉージャンキーの腕しとーのぅー」と言ってくくくっと笑いやがって自分の右手をしっかりつかんだ。
知りもしない男の情報は後から後から付け足されていく。
ぼっこし草をキメこんできたこととか…

いつからだろーか?望んでもないのにジャンキーやドラッグのネタの話がやってくるよーになっていた。こっちゃーキライじゃなく寧ろ好きだけど、望んでいるんではないってのに、向こうからやってきちゃうんだもんね。まぁーそれで色んなことを書かせてもらっているからありがたいといっちゃーありがたいのだが。

「草、いれにいこーか」
4,5人でエレベーターに乗り込む。入れるための場所を探す。といってもいち早くキメたい人間ばかりだからそー遠くとかまで歩いたりするはずもなく、店をでて5メートルくらいのところで、誰かが
「あー面倒!」
っていってソコがキメ場となる。

ブラジャーの間にいれておいた生ぬるいパケに入ったジョイントを取り出す。こんなものを入れときながらパケの柄は意外とあんなに可愛いキティーちゃんだったりして滑稽な事この上ない。

静まり返った深夜もとっくに抜けて、身体の疲れも感じてきたところで、ヌケないよーに、アッパーを継続する為に一本のジョイントに4人が群がった。キティーのパケから出したインド産の一吸いでパキっときて斜めに傾いちゃうよーなジョイントを自分は横の男に渡す…
ライターで、小さなライターの火で先っぽに火をつける…
ジジジジジジジジジ
そんな小さな音すらもハコを出てしまえばミュージックになって聞こえてくるよーな…
辺りは夜の…静まり返った…空虚な…寂寞というか…
蟲の羽音に似た音をたてながら、草が隣の男に回された。男はウメー、といって4,5服し、ようやく次の女に回った頃にはあと3分の1もないほどに短くなってしまっていた。最後が自分…
短くなった、熱くなっていく吸い口を何とかもって息をゆっくりゆっくり吐いてからジョイントに口をつけて…一吸い、二吸い…煙を後はゆっくりと頭から脳の奥に行渡らせるよーな感覚で呼吸を止める…

時間の感覚なんてもー既に持ち合わせてもいなかったが、また一層深く、五感が鈍ってきやがった。

四つ打ちのハコを出てヒップホップのハコに移動する。

草をぼっこしキメてきた男がやたらと入れに行こう、入れに行こうと自分を誘う…
何でも揃っているという…
そーいやさっき
「何が好き?」て聞かれて
オレは「バツだ」って答えたんだっけ。

何度も四つ打ちとヒップホップのハコを行ったり来たりしていて、気が付けば自分はいつの間にか一人だった。

朝の光がウザイ!
眩しく新鮮な空気がウザイ!
憎らしくって仕方ない。

重い身体を引きずりながら駅で電車を乗り継いで帰ろうとする。

全くみたこともない街がみえた。

すれ違う車の音が…幻聴となって耳から新しいテクノの音を聞かせてくれた。
全ての音が!
音が!
離れない!!!

みた事もない街で、嘗ては知っていたと言う街が、自分にはただただ空々しい街でしかなかった。
そして時は相変わらずゆっくりとしか進んでないよーで、なり続ける携帯にでると、現実が受け止めれなくて戸惑ってしまっている。自分の声の大きさすらわかんなくなっていて、ヤヴァイ話をしてるってのに、自分では小さな声で話しているつもりだが、相手が声がでかいやろ?マナー違反やろなんて、マナー違反だと?喰ってるお前にマナー違反もナンもかんもいわれたかねぇーつぅーのさ。

初めてあう人に「ジャンキーの腕をしとう」と言われてもだよ、オレはジャンキーじゃねぇ。

距離感を知っている。
覚えてる。

ジャンキーの戯言は信じない。

世の中の大半なことは片目でみるくらいでちょうどいいんだ。

虚構とイマジネーションで半分を埋めてしまえば、まぁー出来はそー悪くもない素敵な遊びに夢中になれるということさ。

さてと、そーそー記憶ばかりを忘れているわけにもいかなくってさぁーこれがオレの生きる道。
片目でみてた戯けた人間世界。
電子音のリアル…

生身の身体は次の日まで全くモノを受け付けない。
深く深くどこまでも深い睡眠。
狂ったステップ。叩きつけ蹴飛ばし捲くった足がまだ痛む。
これが現実ってやつだ。

落ちてくヤツは放っておけばよい。ヤツラがジャンキーであろーとなかろーとそんなことはオレにはどーでもいいことだ。

楽しむ事に貪欲であることがそんなに悪い事とは思えない。

ケチらずさぁー、がんがんがんがん、イレまくろーぜっ。
ドコまでも…
現実をイヤでも直視してしまうあの最悪な時までのことさ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-25 20:49 | leftai
b0055123_16191740.jpg


AH~テクノ番長!

あんね、喉渇いてさぁー一人で外でたのさ。して、戻る時に前にフミヤがいてドアーを開けてくれたの。

エアーでぶつかってはや二ヶ月…

次はキースの階段でフミヤと接近!

とか思ってさ、気分は更にアゲだよ!!!

グググとさらにアッパーな気持ちに拍車がかかって、キメキマなワタシは友達に
「さっきさぁー、フミヤと階段であってさぁードアー開けてくれたの!」

とか自慢してましたよ。

「フツーやん!」

いえいえ、ワタシはとっても幸せだったて訳さ。

四打ちで周りはやられてる。色んなものを摂取しまくってそりゃーすごいことなってた。

ワタシの場合、キマってくると何故かアッパーでフレンドリーでパッキパキで踊り捲くるというよりも一人でグダってなって何かにもたれかかって音はまりとかしてることが大半だ。

その日もそーだった。

一人で店の端のイスでニヤニヤしながらぐったりしてたらさぁー

「ここ空いてる?」

「ええ。」

「友達とかこないの?」

「いいですよ」

よくみりゃーさぁーフミヤなわけ!!!

「フミヤさんサイコーでしたよ」
とか言って関係者達が集ってきてはフミヤに握手を求め、酒を交わしている。そんな光景を横目でサングラス越しにみていること30分←時間の感覚は既にナシ

キマっちゃってたんだろーね。

普段はワタシは誰にも話しかけたりしませんよ、ええ、ホント。でもさーなんかしんないけどさぁー横にいるフミヤに!テクノ番長に!

「そんなに福岡っていいですか?」

とか訳のわからない話で、話しかけたりしてるのさっ!

「えっオレそんなことはなしてたっけ」

そーでしょーよ、そんなこと話してなかったでしょーよ。それから10分くらい話してたかもな。
やっぱ大阪弁だったよ、フミヤ。
銀歯がキラって光ってたよ。

超かっこよかった!!!

フミヤが回してたのはせいぜい2時間だったと思う。で、ワタシはほとんどフロアーにもでずぐったりと音を聞いてた。

あーフミヤ…

やっぱカッコイイなぁ~。

まっそんな話。

で、会合は楽しかった。
大人数で喰ってキメてクラブ梯子して飲んで踊って、さらにキメて…

そりゃー時間の感覚!?わかんなくなるよ。速い!って思ってたら次は遅い!だもんね。

直前まで酒や食べ物を入れてたせいかキメがイマイチだった。目ぶれもないし。ラブ&ピース感はあったがね。三半規管もしっかり機能してた。スピーカーの前に立てばゴッゴッゴッと内臓に低音が気持ちいい。でもその程度だったなぁ~。草の方がきたなぁ~。
まっどっちにしろさぁー記憶が曖昧ってことはさぁーキマってたんだろーけど。

大人数の方が楽しいねぇ~。
7人もいりゃーさぁーそりゃー楽しいさなぁ~。

ヌケが悪かったのか、昨日までほとんどモノが食べれねぇ。横でネーサンががっつり美味しそうに食べてるとこ見ると羨ましかったっす。

基本、サーヴスなワタシは周りが楽しんでくれりゃーOKな人なんで。そー考えるとみんな楽しんでくれたみたいで良かったよ、ホント、ホント。

まっなんにしろクラブやなんやかんやを含め、会合のことも詳しく書くかもしれないが書かないかもしんないなぁ~。

ホントに楽しいことを実感してるとさぁー、写真とか撮る暇とかナイって話。
覚えてるんだよ、脳が。
あの感覚とか。

それはね、体験した人達だけが共有できるナイスなものさ。
個人差ってのはあるけどね。

おもてなし度100%の会合であった。

上の写真は横にきたフミヤを隠し撮りしたやつでーす!
もーホントカッコイイっす、フミヤ。

弱いのよね、帽子にロンゲに髭でってパターン。ちなみに昨日が名古屋で今日が北海道っていってたな。ちょこちょこと交した会話は覚えてます。
声がまたいい感じなのねぇ~。
ますます嵌りそうです。

何故故に手に入らなそーな人ばかりに魅かれるのでしょーか?
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-24 16:19

b0055123_19314050.jpg

さてと。ハラショーな夜ってやつを今から楽しむかね。ではいってきまーす。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-22 19:31
明日である。
明日である。
明日である。

繰り返していってしまうくらい明日である

もーどれくらい楽しみにしてるかって解る???

昨日から眠れない。

今日もきっと眠れない。

ソレくらいに楽しみにしてるっていうか。

気分は小学生っすね、ワタシ。遠足待ちわびる小学生…

遠足みたいなイベが自分の場合、月に一度はあって、それが明日であるわけすわなぁ~。

何着ていく?って話から。
アレはあんのかね?
何時にフミヤ回すの?
どーやって集合よっ?
何人くんの?
何もってのんの?

ってなくらい電話がなってるねぇ~。

ノーライフノーミュージックなら確実に生きているよ!!!

サイケが流れる…

ナイスナイスナイスナイス!!!!!

ってヘッドフォンから聞こえてくるたびに既にグググとキマってくる。
マインドだけでぇ~

どんだけぇ~どんだけぇ~どんだけぇ~

である。ばっちりっすわ。

NNNNNNNNNNNNNNNIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIIICCCCCCCCCCCCCEEEEEEEEEEEEEEE

もーキーボード叩く指が、今、音楽と重なって、そらぁ~いい気持ちっすわぁ~。

テクノ番長がやってくる。
ほぼ初めてってなくらいのハコはどーだろーか?
ドンギマリにならない程度に。

今週あたりぽりーすめぇ~ん達が回っているという情報をキャッチ
アンド
リリース!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

離してどーする!?
一人で突っ込む。

もーね、頭ん中は痺れみたいなのが走っててさぁー、ずっと気が漫ろなわけ。

仕事してないとフツーさがナッシングな訳。

ホント子供っすよ、中身。
見た目、中年ですけど。ええ、なにか?

いいの、テクノ番長にフォーリンラブなワタシはねぇ。こんな感じの日もあっていいでしょ!?
ってな話。

時間があれば、エアー密会も絡めて携帯からアップなど。

サイコーに楽しい一日になりますよーに!

神にも縋る、神にも祈る、レフトアイでしたぁ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-21 21:02
些細な事だが…
そー些細な事ナノだがよぉ…

三年以上ワタシが実家をでてだよ、引越しも一人でやってだよ、で、今まで一度も両親は訪ねて来たことがなかったワタシの部屋にだよ。

オヤジと喧嘩したから泊めてくれと。

後ろにママンが寝てらっしゃって。

あぁーた、あんな話とかの電話でれる???
出れないわヨォー!!!

玄関にジョイントあるけどね。
気付いてないみたいで。

そんな部屋とはツユ知らず。
ふかーい眠りについておくれ。

で、明日は帰ってくれよという話。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-19 21:52
b0055123_1940309.jpg


聞いた話じゃマリファナハイで頭がヤラれたジャンキーが作ってるとか、作ってないだとか。

龍は金運・仕事運をアゲてくれるってんで、明日から早速身に着けてみようと思う。

ワタシはというと。
タミフル的要素が混入しているんじゃないか?と思われる風邪薬でバッチりと幻聴・目ぶれがすごくあああ。と。

カビキラーをしゅしゅしゅってやるでしょー?
それがさぁー

MIX-UP(1)feat.DJ.タッキュー・イシノ
石野卓球 / / ソニーミュージックエンタテインメント
スコア選択:

一曲目のさぁー多分、すきだすきだすきだすきだっていってるんだと思うのね。

カビキラーのしゅしゅしゅがさぁーすきだすきだすきだだすきだって聞こえるの。

同じ周波数だと思うね、アレは。

楽しむ為のオプションってやつは、ケチらずにガンガンいって欲しいですね。

環境やセッティングに拘ると、今週のクラブディーは間違いなくアゲである。
既に気持ちが漫ろっすわぁー。

あーまたテクノ番長に逢えるわっ。

超楽しみ。早く風邪を治さないとだな。


つーか、書かなきゃ解らないだろーけどさぁー、コレ書くの二回目なんだってのな!!!

すぐにエラー表示でるしさぁー。無駄に疲れることはなるべく避けたいわけっすわぁー。
この体調をもってすると。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-18 19:40

by itsme.itsumi