ブログトップ

阿漕に30からも女というのなら。

itsmeitsum.exblog.jp

エゴスプリットし続ける自分も愛し、自我分裂快楽主義者としての自分を確立しよう。揺るぎ無い主義として。斜に構え心に浮かぶウタカタをしばし沈思黙考。音楽で清め文学に溺れる。どれもこれもホントの私。

2007年 01月 30日 ( 1 )

超寒くないっすか???帰りがけに思いついたことをさらっと書いておきます。

明日のダンス付いていけるかな→今週、クラブいこうかいな?→少しはダンスうまくなったのだろーか?(たった二回の練習で)→承太郎、カッコイイよな→上手くなってちょっとみかえしてやりたい!→ところで元カレはどうなったのだろーか?→あいつも絶対に見返してやる!→身体を鍛えてちかっぱイイ体つきになってやる!→まだまだ運動不足であるなぁ→つぅーか、今日も作品を進めていかないことには再来月あたりまでに残り50~100ページ書けるんだろーか→やっぱり今週は踊っている暇などないだろーなぁ→カリートカリート(思考ではなく口ずさんでみる)→ホリいれたらスポーツクラブも通えなかったのかぁ…→承太郎だから身内で踊ってるんかぁ(勝手に納得)→寒ぃ!!!(つぶやき)→あー絶対に認められたい!→なんか賞とかとらんとだな→したら、周りから自慢の女ってみられるんかいな?(浅はかとしかいえない)

爪を切らなければ。
ぱつんぱつんぱつんぱつん…乳白色の色をした小さなワタシの三日月が弧を描きながらゴミ箱へとダイブしていく。弧を描く…ぱつんぱつんぱつんぱつん…シュタンシュタンシュタンシュタン…リズムに乗って切っていくと爪切りの出す音が変化してきて調子付く。しゅたんしゅたんしゅたんしゅたん…まるでフリスビーだ!戻ってはこないけれども。

自分の家にある爪切りは爪を溜め込むタイプのやつじゃないから、爪が落下するであろう位置を推測しながらそこにゴミ箱を移動させなければならない。爪が溜まるタイプの爪きりを考えながら、例えば、爪を爪袋?一杯に溜め込み、またさらにそれをボトルなんかに移して爪をボトル一杯に溜め込む。瓶にたっぷりと溜め込められた爪をみつめながら、そんなことをしている人間は一体何を思うのだろうか?この世の中には様々なマニアやコレクターがいて、絶対に「爪コレクター」とか言われる人間はいると思う。自他関わらず…。
大体、爪コレクターとか他人に胸を張っていえる事なのだろーか?もしかりにワタシが爪コレクターな場合、人に言えるコレクションと言えるのであろーか、ソレを。そして瓶に溜まった爪をみながら、やっ今月はちょっと少ないなぁ、もっと採取に励めば、とか思いながら深爪しながらもぎりぎりのラインまで爪を切っていくのであろーか。或いは、好きな人が出来たりした場合は思い出と共にその人の爪を瓶詰めしたりするのであろーか?

気色悪い。

なんか、魔術系な感じがする。で、絶対に、気味悪がられるだろーな。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-01-30 23:59