ブログトップ

阿漕に30からも女というのなら。

itsmeitsum.exblog.jp

エゴスプリットし続ける自分も愛し、自我分裂快楽主義者としての自分を確立しよう。揺るぎ無い主義として。斜に構え心に浮かぶウタカタをしばし沈思黙考。音楽で清め文学に溺れる。どれもこれもホントの私。

カテゴリ:nonfiction/rushrush( 4 )

赤い遮光カーテン、赤い絨毯、ガラスのテーブル、赤いイス2脚、部屋の中央につるされたコンランションップの電灯からは薄暗い灯りが部屋をボンヤリと照らし、ハウスやトランスを爆音で聞いていると、ちょっとしたアート的な雰囲気を醸し出す空間が出来上がる。

テーブルを隔てて、二人でサングラスをかけたままタバコを吸っている。化粧をおとしてスッピンのワタシの顔を少しでもよく見えるように、というか、逆にそのフレームを通して鮮明に彼の目にワタシが映らないようにと、夜中、薄暗い灯りの一つを頼りに気だるい気分が増していく。

「あー草すいてぇ~」

この雰囲気に酔ってきたのか、そんなデンジャラスな言葉がさらっと流れた。


「ねぇーねぇー夏がくるやん。クラブもレイブも本格的に始まっていくやん。もっとさぁー欲しいよねぇー。楽しむ為のベスチをさぁー」

「そーやねぇ」彼が答えた。

「お金欲しいよねぇー」
「うん、金がいるよねぇ」

50万くらいあればなぁ…心の中で自分の貯蓄や株券を試算してみた…あっ、これにもぅ一つ莫大な夢をかけた株をもっていたんだった!急に思い出した。
忘れたかったから、その株についても諦めていたんだった。
彼は法律に詳しいし、司法書士を目指しているし、ダメもとでこの株についてワタシは話し始めた。

「実はね、ワタシさぁー、もぅ一年半前くらいのことっちゃけどさぁー、とあるカルト的新興宗教に興味があってさぁー、一時期、ルポ的感覚でそこに通い詰めていたんだ。で、ね、その宗教の集まりに出向いて、色んな話とか教義とか聞いてたんだけど、そんなことはワタシにとって全く関心がなかったんだ。でも、話は面白かったの、超カルトでさぁー。そんな時にね、そこの偉い人から『今度、春に新規上場する未公開株の話がヤクザ絡みから流れてきて、その株が上場したらその株が1千万にはなる。1株66万は高いけど、お告げによると4人で買えば必ず儲かる』って話をされてね。4人でその株を買ったんだ。でもね、振り込んだ後、その人達とも会って、一応誓約書とか書いて、それだけじゃ不安やろ?って作られた誓約書、4人でこの株を所有します、みたいな誓約書!?ってのに4人分記名・押印・住所を書いてね、あと残りの三人分のが揃ったら郵送で、権利書とか送ってくるってはなしやったっちゃけどさぁー、それが未だに送ってこんとよ、コレってどう思う。ワタシに権利ってあるのかな」

「イケるっちゃない?取り返せるかもよ」


夏を楽しむ為の資金の一部にしよーと、今更ながら権利の証明もできない株券を巡ってワタシ達は動き出したのだった。

振り込んだ後の通帳の形跡と振込先の口座番号。手元にある情報はこれだけだ。イケるのだろーか?でもその証拠をみただけで、更に興奮してイケると思うよって彼は答えた。

さて、一年半前に宗教沙汰を通じて購入した1株66万の新規未公開株。ワタシは権利かお金を取り戻せることはできるのだろーか?

「金、ほしーよねっ、夏に向かって」

そんな軽い感じで、たかだか16万5千円、でもそれがワタシ達にはデカイんだっ!それを取り戻そう!ってことでこの話は進むことになっていったのだった。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-06-25 02:58 | nonfiction/rushrush
二日で5時間、三日で5時間睡眠、って昨日は一睡も眠れずに朝から警察署を訪ねる。総合受付で名前をいい突き抜けて右折、薄暗い階段を上がって「知能犯2課」のドアーを開ける。

おったこの前のおっさん!

「あのですねぇ~メールしたら返信があったんですよぉー。で、Yさん(共同購入の代表者)死んだって。で、株のことは直接、会社に聞けみたいなメールがきたままそれから何も連絡ないんですよねぇ」

「あんね、一昨日、銀行の方には口座の回答を要求しとうけんさぁ。あの宗教、調べたらめちゃくちゃやん、被害が沢山でとろーが。あれもオウムみたいにそのうち被害者の会ができるっちゃなかろーかね」

「いやぁーワタシは宗教の方はどーでもいいんで、いや、でもですよっ、途中で数珠をもらったんですよ、3万円の」

「三万円!?」後ろの若いリーマン風の男も話しに乗ってきた。

「そーなんですよ。その三万ひいた13万5千円でも返って来て欲しいんですけどねぇ」

「こりゃー難しいばいねぇ。泣き寝入りの線もあるよっ。あんたもね、騙されすぎやろ!?金融とか証券で働きよったちゃけんさぁーこんなことありえんのオカシイとおもわんとね」

「そ・れ・が・すごいんですって!手かざしだけで大学受かったとかなんですよぉー。オカルトでしょ!?そしたらそんなこともできるったいねぇーって思ってですねぇ」

HAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHHAHAHAHA

部屋中三人で笑ってます。

証拠が少なすぎ。まっこっちも銀行口座から住所とか調べるけどねぇ。被疑者死亡やろ?う~ん難しいねぇ…
リーマン風が
その間のM(メールのやりとりしてた宗教団体の職員)が怪しい
おっさん「オレもそー思うとたいねぇ」
こっちからそのMに電話いれてみようかね、でも知りませんとか言われたら終わりっタイ。連れてこれんもんねぇ。Yが死んだってのもどーかねぇ…あんたが直接いってみてきい、そして住所とか控えてくるったい

「えーーーーーーーー。こわぁーーーーーーい」
カルトなんですよぉー、もぅこうやって警察にきてることもお見通しかもですよぉー。

HAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHHAHAHAHHAHA

呪いとかあるもんか!

でもぉー、でもぉー

リーマン「直接いってそれから手紙で郵送ですね、その請求の仕方が一番いいでしょう。そーなってくると民事になりますけど」

ワタシはお金が返ってくればいいんで、裁判沙汰とか考えてないですよ、詐欺とかどーでもいいしですねぇ。向こうも事件にするくらいなら16万くらい出す出しょー。金、もってそーでしたもん。

リーマン「どこの株ですか?」
「わかないんです」

それで先にお金振り込んどーちゃけんねぇー。おかしいやろ!?

そー、おかしいんですよ。でも、カルトなんですから…すごいんですから…三次元とかで考えるとダメらしーですよ。あーでも、上場もしてないのにっては思ったんですよ、で、その会社の内部の人から話が出てきたみたいなこといってましたもんね

HAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHHAHAHAHHAHA


リーマン「でも、1株66万!?ないでしょー!?ふつー」

「そーなんですよっフツーはナインデスヨッ、フツーは。だからカルトなんですって!」

HAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHHAHAHAHHAHA

でもねぇ、裁判になったらさぁー向こうも弁護士たてるやろ!?この振込みの履歴だけやったら借金の返済とかいくらでも言えるったいねぇー。契約書もないしさー

だって、四人分の書類を作成した後、その株の権利のことを会社に登録して郵送で送ってくるって話だったんですから。

Mに電話しても、知らんっていわれたらねぇ。この人も買うっていいよったっちゃろ?

そーですよぉ、買うって。で、上場した暁にはMのお父さんは家を、MはS県にマンション買うっていってましたもん。

株を購入しとうかどーかも怪しいところやもんね

えーーーーーーーー!!!!!!!!!!
で、ワタシの権利は?

ってあんた、その証拠になるもん一つも持ってないちゃろーもん

そーなんですよねぇー。送ってくるってのを信じてましたから。

HAHAHAHAHHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHAHHAHAHAHAHHAHAHAHHAHA


まぁー来週には銀行から回答があると思うけんそれからやね、動くのは。あんたもいってしらべてこんね。

できれば…

人が良すぎるってか馬鹿っていうかねぇー。いかんやろ?あやしすぎるやろ?

そーなんですよぉ。おかしいんですけど、だからカルトってすげぇーって思ってですね。

リーマン「カルトってたって、上場しないと株の売買とかできないでしょーもん」

そーですよぉー。それが出来るっていうからカルトでしょ!?ホント恐ろしいんですからっ!もぅMとかにも連絡とりきれませんよ…

怖いたってねぇー諦め切れんならねぇ。

お金は欲しいです。

まっ、こんな話したところで今日は仕方ないけんさぁー、口座とかから解ったら電話いれるけん。家か職場に。

家は止めて下さい!親にはバレたくないし。実家の近くで一人暮らししてるから、会社か携帯で。

会社でいいとね?あんた、上司に相談したらよかろーもん。まぁーもーちっと周りの人にも相談してみらなねぇー。

はぁーい。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-06-22 01:41 | nonfiction/rushrush
FROM:レフトアイ
「ご無沙汰しております。レフトアイです。メルアドも変更したんでその後連絡しなくてすみませんでした。あの後、共同で購入した株の件なんですが、、、手元に何も届かないんですがどうなっているか教えていただきたいと思ってメールしました。そちらには届きましたか?上場するという時期から丸一年経ちますけど今、どんな状況なんですかね?(中略)ご面倒かけますが銘柄や株価を教えてもらえませんんか?すみませんお願いします」

FROM:M
「その後、ご自分の耳で聞いて頂けたらと思い何度かメールも電話も入れさせて頂いたはずです。連絡が帰って(返ってだろ!)こなかったので…その時連絡頂ければ直接会社の方から説明が頂けたので残念です。T(場所)で説明をしてくださったYさん(こいつが代表で購入したんだけれども)去年の末になくなりました。株はまだ未公開です。私の説明を聞くより直接会社にお電話して頂いた方が納得されると思いますので後ほど電話番号をメールいたします」

FROM:レフトアイ
「突然の連絡に返事ありがとうございました。Yさんのことはびっくりしました、ご愁傷様です、悲しい知らせです(いやいや、あんたさぁーなんだって思い通り!命だって!みたいなこといって手かざしとかしてたじゃんよぉー:心のつっこみ)連絡先教えていただければ後は自分で問い合わせてみます。すみませんでした」


あーワタシって超ヨワヨワ&常識的なメールだわっ!とか思いながらさぁー、でも今は情報収集が先だもんね。死んだってことはコレに相続が入ってくるわけ?ってか、権利書も届いていない現状、ワタシにその未公開の株といえど権利はあるんだろーか…。ってかさぁー宗教の勧誘を断った以降、一回くらいしかメールとかなかったってのに!!!なぁーんかワタシに責任アルみたいなその文章にゲットアングリー!!!
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-06-19 00:23 | nonfiction/rushrush
このあたりかな?と検討はつけてみたものの、やはり3回、道を間違えてたどり着いた。

そーそー。コノ感じ。

フラッシュバック…
てぇ~ららららぁららららぁ~てぇ~んてぇ~てぇ~ん♪ちょうど10年前、この道を通った夜…

そーだそーだ。あれから10年か。久々にやってきた。あの頃となんら変ることのない建物、その醸し出すオーラ、近づくなかれ!と陰鬱な空気。味気ない建物。ポスターは「未来の日本の為に!」とかいう募集の告知と交通安全の呼びかけ、あとね、「この顔みたら!」ってやつで。

そーだよっ。ココはドコかって?そーだよっ、警察署に出向いているんだ。
10年前とは違うのは今回は「自らの意志」と「情報」を持ってってとこだけ。ワタシはパクられにきたんじゃなくて、前回同様、「被害者」という立場でやってきたんだ。

さっきまで晴れていた空から雨が降り出した。幸先の悪さか?いや、関係ない、ドンケアー!だぜっ。

何事も初対面の第一印象が大切だから。なるべくキチンとした身なりをしていこうと思ったのだが、ナニ着ていけばいいんだろー?とクローゼットを開けてワタシは立ち尽くした。三分…。
あーもぅ面倒だっ!露出さえしていなきゃーいいだろーと、トリコロールカラーの膝下のスカートに緑のキャミソール上に短めの黒の七部袖のカットソーを選び、気合の8センチヒール、黒のエナメルのパンプスをチョイスしたんだった。

駐車場の車の中で必用なものをもぅ一度チェックする。ボイスレコーダーOK、ノートOK、ペンOK、携帯をマナーモードOK。
よし、完璧!

表の入り口に回ってワタシは警察署のインフォメーション的地図の前に立っていたら、カウンターの向こうにいる制服を着たおっさんに
「ご用は?何をさがしてるの?」といわれ
「え…とぉ…『被害届』というか…相談なんですけど…」
「何の?」
「いやぁーちょっと複雑なんですけど、共同で購入した株があるんですが、それについて振込みをした後、連絡がないっていうかですねぇ~」
「証拠はあんの?」
「あるっていうか…振込みの明細書とかはあるんですよぉ…」

後は話は聞かずにおっさんが身近にあった電話を回す。
「振り込み詐欺の件で、女性一名上に参ります」かちゃん。
「2階いって」
「えーワタシ振込み詐欺にあったんですかぁ???」思わず笑ってしまったまま、ははははは、薄暗い奥の方の階段を目指して直進、上がって右折、「オウム真理教ナンタラ」とかいうドアーの前、二課知能犯、ココ?とか迷ってると中から「入って」と言われおっさん(私服)と年若の割りといい男の真ん中で立ったまま事聴取っての?受けてる。
「まぁー座って」
ようやくイスを勧められ腰を下ろすとワタシの机の上のマックのノートPCにはやっぱ「知能犯二課」とかいうシールが張ってあった。

好奇心からカルトや新興宗教を体験してみよー!という軽いノリにまかせて始まった洗脳体験や教義や儀式の間で持ち上がった共同購入の株の話。新規上場で未公開株。コレが半年後には何倍もの価値になって、おそらく一株あたり1000万にはなるということだった。

もーね、話していてワタシすら笑っちゃっていたよ。こんな話、あるわけねぇ!詐欺だ!間違いない!
警察も笑っていたもんね。
「大体、コレもー二年前の話でしょ?しかも自分で買っておいて銘柄もわかんないわけ?」
そーなんですよぉー。で、関係者は?連絡とってないしですねぇー。じゃー、買ったっていう証拠とかはあるわけ?
振込みの明細書を渡しながらコレくらいですかねぇ。だってその時は、共同で購入しますみたいな書類を四人分作ってって、それに住所・氏名・押印させられて、あと三人分書いたところでその4人で買いますという書類と証書が送られてくるって話だったんですよぉ~。
「で、送ってこない、と」

「関係者の名前・住所・電話番号が分かる人は?」
一人だけっすかね、でも宗教には興味なかったんで、勧誘を断ったらさっぱり連絡もないし。

「うーん、困ったねぇー…コレだけじゃねぇ…その株が存在するか?本当に買ったのか?その会社は本当に存在するのか?そーいうところがさぁーわかんないと、こっちも動きようがないんだよねぇー」

そーでしょそーでしょ。初めに司法書士を目指してる友人に相談しててですね、あまりにも情報が少ないってことで警察にいけっていわれたんですよぉー。

「いやぁ~どーするかねぇ…まぁー口座番号とかからこっちもね、明日調べてみるけどさぁー。お宅も分かるでしょ?電話も口座も売ってることくらい、この口座番号と中間の女の人の電話が繋がらなかった場合、もぅこれで行き詰るからねぇ」

「ですよねぇ…」

こんな軽い感じで和やかに2時間も相談に乗ってくれた。情報収集の為にワタシがやらなければならないことは、その当時の記憶を辿って、友人知人になんでもいいから情報を寄せてもらうように話をすること。出来れば株の銘柄を特定させること←2ちゃんで書かれてんだよね、この株についての宗教とヤクザ絡みのこととか。

で、今まで一番つるみたくない相手とタッグを組まなければならんくって。まぁーいいおっさんなんだよねぇー。馬鹿じゃないあんたとか笑われながら。ワタシもそーなんですよぉー馬鹿でしょ?でも今年、市県民税倍ですよぉー、助けて下さいっすよぉー。とかまっ普段からおっさんとか爺さん婆さん相手は得意だからね、いい感じで話が終わった。

警察って24時間開いてるんじゃないんですか?というワタシの素直な問いに
「官公庁は平日9時5時。24時間体制だけど、事件があれば呼び出されるってことと、当直とかってやつだよ、だから、平日、仕事を一時間早退して、相談しにきなさい」と。

ありがと!ポリスメーン!
とりあえず、やってみるよっ!

おっさんは逮捕者がいるから、またね。と名前とかを教えてくれた。以後はココにれんらくするよーに。あーおっさん、すでに6時過ぎてるってことは残業までして付き合ってくれてるってこと!?ラブリー!!!

車に乗り込むとテンションが上がった。トランスをボリュームを上げて聞く。身体はダリーが、まだまだ始まったばかりじゃねーか。

やれるとこまでやらないかんやろー、こーなりゃ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-06-17 23:40 | nonfiction/rushrush