ブログトップ

阿漕に30からも女というのなら。

itsmeitsum.exblog.jp

エゴスプリットし続ける自分も愛し、自我分裂快楽主義者としての自分を確立しよう。揺るぎ無い主義として。斜に構え心に浮かぶウタカタをしばし沈思黙考。音楽で清め文学に溺れる。どれもこれもホントの私。

カテゴリ:leftai( 119 )

世間からの疎外感たっぷり、世間への憎しみと怒りたっぷり。

赤い影はCMとともにフェイドアウト。それでもワタシはヌイグルミの臓器を次々と取り出してはニタリニタリと微妙な笑顔でニタつきながら、被害妄想継続中。

自作自演と自己嫌悪と自己演出と夜中のアニメがお友達。
寂しい人ね、あなたって…
大きなお世話だっつーの!友達増えてるし!

寝よう、今日も精神が病気でしょー。

寝る前の今日の最後の日課をこなす。メールのチェックをするためにPCを立ち上げる。チェックする、つまらないエロ系の案内状とか宣伝とか、昨日となんら代わり映えのしないメールにここでもう一度ウンザリしてみる。

いつもと違うのは…
AM3:33…
わぁ~い3ナラビ、ちょっとしたラッキーに少しだけテンションがあがる。ついでに願いも込めてみた、次見たときも3ナラビでありますよーに…

永遠の60秒…
まだまだ3:33…
あともう少し?あともう少しだけ3:33???
この60秒がかなり永い訳。ソレもそのはずなんでかフリーズしていてワタシは永遠のAM3:33分を生きている!!!

あぁ~バカくさい。

強制終了して…眠りにつくとしよう。永遠の3:33分なんてマッピラだわっ!夜の深さを闇の深さを感じながらやっと永遠の3:33を脱却に成功。時計は3:49分、16分を3:33分で生きていたなんて!あぁ~バカくさい。

冷たい布団に潜り込む。
[PR]
by itsme.itsumi | 2008-04-28 00:09 | leftai
二次元で萌えるなっつーの!怖いっつーの!
モエないっつーの!ワタシはモエないっつーの!!!

モエない。萌えないワタシがマックのCMが流れると白い壁に赤い影を作った。

グラグラと煮えたぎる世間への憎しみが沸点に達する。頭の中には作り上げられたワタシのワタシによるワタシの為の自己演出。

SO…
きゃわゆぃクマとかのヌイグルミを床において、刃物で腸を…
ブチマケタ腸とかをテレビの光に翳しながら、ワタシはマックのCMの赤の光を受けて赤い影を作る。

てれってて、てれれぇ~あーいむ、らびっと。

自己嫌悪と自己演出と夜中のアニメがお友達。
寂しいオひとね、あなたって。
小さなお世話だっつーの。

ちょっとだけ、10分前くらい?いえ、ソレは正確には84秒前よ、アノ…思い出しそうな…不愉快な…記憶の触感…み…た…い…な…胸の…奥の…ずっと…向こうの…あぁぁぁぁぁぁあっあっあっ…やっぱ思い違い?アレは…ユメの…断片…だ…ろ…う…か………

てれってて、てれれぇ~あーいむ、らびっと。

気がつけば二回目のマックのCMソングが流れていた。ワタシはどのくらいの時間、自己演出に陶酔していたのだろうか?そしてあの記憶の感触を速効に忘れてしまいたいのに。
[PR]
by itsme.itsumi | 2008-04-26 03:07 | leftai
真夜中のお友達。

日課になりつつある真夜中のテレビにスイッチをいれる。スイッチを押しながらワタシは思わず「あぁぁっ」とか「うぅぅっ」とかとにかく思わず小さなうめき声が一つ出てしまった。

真っ暗な部屋にテレビの光が射す。

スイッチを押して、その次の瞬間に呻いてそれから部屋に光が射す。

呻いた訳は?
記憶の欠乏?欠落?損傷?思い出せそうでいて思い出せない?それとも思い出したくない?いやいや…果たしてその記憶自体がホンモノだったか、どーか。でも思い出したところできっとイイ思いはしないことは間違いない。その心の感触だけはなぜか妙に確信があって、じゃー思い出せないでもいっかとなった。が、いやいや…果たしてその記憶自体がホンモノだったか……

テレビがついた瞬間からずっとザッピング…
チャンネルを回し続ける。自分のザッピンガーぶりに思わず失笑。チャンネルを押し捲る!捲くる!捲くる!

ロック・オン…
日本のアニメはここまできたか。結構、ヤヴァイんじゃなぁ~いとか突っ込みながらワタシは画面の目は釘ずけ、思考が停止して脳が解放されていって宇宙の広さを感じてる。ミドリとピンクがワタシは好きよ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2008-04-25 04:21 | leftai
汗がかけないなら

SO、汗がかけないなら!!!!

金があれば

バツを買え。

金がないなら

岩盤浴だ。

ミュージックが癒しのヒィーリングなら

枕の位置を変えればいい

ちょっとピラティスなんかもとりいれればいい

ミュージックが四つ打ちなら…

鳴り止まない爆音の中で勝手に足が床を踏みつける

汗をかけ

汗をかけ

ビジネスなら最高だね。

セックスならならなお

NNNNNNNNNNNNNIIIIIIIIIIIICCCCCCCCCCCEEEEEEEEE!!!!!!

金があればバツを買え。

金がないなら入浴券500円と岩盤浴チケット800円で

ワタシは
ワタシは
ワタシは

汗がかける!!!!


YYYYYYYYYYYYEEEEEEEEEEEEESSSSSSSSSSSSSS!!!!!!!!


発汗
[PR]
by itsme.itsumi | 2008-02-15 00:19 | leftai
電子音に夢中になって笑い笑い転げる。

何の話で笑っていたか?
そんなことすぐに忘れてしまうんだから。

楽しいのに!
身体中に吐き気が沸き起こっては何度もワタシはトイレでえずく…

三度目にトイレに駆け込んだときだった。

ウエッヂウッドのあの水色と白を想像してくれ。
ついでにボッティチェリのビーナスの誕生を。

便器の奥に…

ユラユラとビーナスの誕生の構図がウエッヂウッドの色彩で揺れていた。
それはついに動き出して右手に女、左手に男という形に変わっていく…

女はきっと「危ない!」って叫んだんだと思うんだ。
嵐がもっと奥の方から現れてきて二人を飲み込んだ…
その後に偉い哲学者みたいな成りをした髭の爺が現れてきたんだ。

ユラユラと藻のように揺れ続く白と水色の中に様々なストーリが生えてくる。

ワタシは史上最大の!世界的な美しく感動的なフレーズが頭に浮かび上がり、一度はそれを声にしてみると自分に、何か素晴らしい文豪のなにかが憑依してきたんだと思ったんだ!

束の間だよ。
ソレも思い出せない。

只管に吐き続け、便器の奥にスクーリーンを見て、ワタシは違う世界から発信される情報やイマジネーション的な画をキャッチし続ける…

凝視する。

外から「大丈夫?」って声が聞こえてくるってことは、ここはやはりワタシの部屋で、トイレで吐いていて、心配されていて、寒い夜中なのだ。

夜喰ったチョコレートクレープ、チョコレート、パン、昼間の饂飩とメシ
吐き出したものは初めは甘く、それから徐々にすっぱさを増していき、吐くものがなくなった空っぽのワタシの胃はそれでも胃液を吐き出すために身体を締め付ける…

あのスクリーンは今やワタシのゲロで白と水色と茶色とか消化しきってない人参だとかで、前衛アート的な色彩と芸術作品となる。作品名「ゲロ」

全てを吐き出して顔を上げた。
電球の光がワタシの前のめりな身体で素敵な絶妙な影や光を作っていただけだった。
光にさらされた便器の奥には、もーゲロという呼べない吐寫物物でただのゲロでしかない。

それでもワタシはみたんだ。
美しすぎる世界を。
古典的な顔をした男女の決別のシーン…凶暴な嵐…突然、この嵐をおさめようと現れた髭の崇高そうな爺。

皆が絶え間なく揺れていた…
水の中ので行われている劇のよーだった。
前衛アートだ。
便器の奥のあのちょっとの空間の中でだぜ?
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-12-25 23:11 | leftai
No scrub…

くだらない男にはうっかりついていくわけねぇーだろ!

的なメロディーが四つ打ちに混じって流れてきた。

えっ、どーして彼からかかってくるワタシの電話のチャクメロのノースクラブがこの部屋で鳴るわけ???

目の前に彼がいるのに。

彼の携帯だった。No scrub…

会話が終わるとワタシは彼に
「ユウーくんワタシに電話かけてみて」

No scrub…くだらない男なんてファッキンだ!みたいな歌が流れる。

不思議だね。そんなに不思議じゃないことかもなんだけどさぁー。

彼を特定する為の音楽がNo scrubで彼の特定の友達の音楽がNo scrub…

シンクロだよ。

運命感じちゃったもんね。そんな小さなことで。幸せ感じた。

15日O/Dがついに復活するらしーよ。ENMAがくるんだって。ドーデもイッか、こんな事は、したの記事に挙げるべきだったな。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-12-02 22:10 | leftai
散らかり放題の部屋をみて愕然とする。
夢の中で何度も繰り返して覚えようとしていたのに、ああ、まただ、面倒さの方が勝ってしまってやっぱりね、ホラね、忘れてしまって、ただ折り紙のよーな薄っぺらに折られて作られたキッチュな成りをした女の子ってことしか覚えてないよ、たくぅ、ね、そこで起き上がって書かないと全て忘れてしまうって解っているだろ?自問自答を繰り返す。

少しずつ掃除をして片付いていく。

車を運転すれば、目の前に昨日、満月だった月が煌々と見えた…

何か喰わなきゃ自分を、試せないって訳かい?
いやいや、違うよ。
オレはジャンキーじゃねぇ。
入れなきゃ120%とか180%なれないってなら、喰わなきゃスーパーマンにもなれないってならジャンキーと呼ぶがよいが。
生憎、日常もマインドだけでオレはデジタリズムで築き上げたスーパードラッグクィーンにもなれちゃうってもんだから。


このまま、空想にフケるか…
現実とコネクトしてアッパーにラブ&ピースにいくか…

二択に迷っているとぐったりとした自分の前に友達が男を連れて紹介にやってきた。

「よろしくぅ~」
「こちらこそ、よろしく」

畜生!現実とコネクトしなきゃならねぇて訳か!!
ただ細いだけでエロも色気もねぇ細い腕を差し出すと男は

「おぉージャンキーの腕しとーのぅー」と言ってくくくっと笑いやがって自分の右手をしっかりつかんだ。
知りもしない男の情報は後から後から付け足されていく。
ぼっこし草をキメこんできたこととか…

いつからだろーか?望んでもないのにジャンキーやドラッグのネタの話がやってくるよーになっていた。こっちゃーキライじゃなく寧ろ好きだけど、望んでいるんではないってのに、向こうからやってきちゃうんだもんね。まぁーそれで色んなことを書かせてもらっているからありがたいといっちゃーありがたいのだが。

「草、いれにいこーか」
4,5人でエレベーターに乗り込む。入れるための場所を探す。といってもいち早くキメたい人間ばかりだからそー遠くとかまで歩いたりするはずもなく、店をでて5メートルくらいのところで、誰かが
「あー面倒!」
っていってソコがキメ場となる。

ブラジャーの間にいれておいた生ぬるいパケに入ったジョイントを取り出す。こんなものを入れときながらパケの柄は意外とあんなに可愛いキティーちゃんだったりして滑稽な事この上ない。

静まり返った深夜もとっくに抜けて、身体の疲れも感じてきたところで、ヌケないよーに、アッパーを継続する為に一本のジョイントに4人が群がった。キティーのパケから出したインド産の一吸いでパキっときて斜めに傾いちゃうよーなジョイントを自分は横の男に渡す…
ライターで、小さなライターの火で先っぽに火をつける…
ジジジジジジジジジ
そんな小さな音すらもハコを出てしまえばミュージックになって聞こえてくるよーな…
辺りは夜の…静まり返った…空虚な…寂寞というか…
蟲の羽音に似た音をたてながら、草が隣の男に回された。男はウメー、といって4,5服し、ようやく次の女に回った頃にはあと3分の1もないほどに短くなってしまっていた。最後が自分…
短くなった、熱くなっていく吸い口を何とかもって息をゆっくりゆっくり吐いてからジョイントに口をつけて…一吸い、二吸い…煙を後はゆっくりと頭から脳の奥に行渡らせるよーな感覚で呼吸を止める…

時間の感覚なんてもー既に持ち合わせてもいなかったが、また一層深く、五感が鈍ってきやがった。

四つ打ちのハコを出てヒップホップのハコに移動する。

草をぼっこしキメてきた男がやたらと入れに行こう、入れに行こうと自分を誘う…
何でも揃っているという…
そーいやさっき
「何が好き?」て聞かれて
オレは「バツだ」って答えたんだっけ。

何度も四つ打ちとヒップホップのハコを行ったり来たりしていて、気が付けば自分はいつの間にか一人だった。

朝の光がウザイ!
眩しく新鮮な空気がウザイ!
憎らしくって仕方ない。

重い身体を引きずりながら駅で電車を乗り継いで帰ろうとする。

全くみたこともない街がみえた。

すれ違う車の音が…幻聴となって耳から新しいテクノの音を聞かせてくれた。
全ての音が!
音が!
離れない!!!

みた事もない街で、嘗ては知っていたと言う街が、自分にはただただ空々しい街でしかなかった。
そして時は相変わらずゆっくりとしか進んでないよーで、なり続ける携帯にでると、現実が受け止めれなくて戸惑ってしまっている。自分の声の大きさすらわかんなくなっていて、ヤヴァイ話をしてるってのに、自分では小さな声で話しているつもりだが、相手が声がでかいやろ?マナー違反やろなんて、マナー違反だと?喰ってるお前にマナー違反もナンもかんもいわれたかねぇーつぅーのさ。

初めてあう人に「ジャンキーの腕をしとう」と言われてもだよ、オレはジャンキーじゃねぇ。

距離感を知っている。
覚えてる。

ジャンキーの戯言は信じない。

世の中の大半なことは片目でみるくらいでちょうどいいんだ。

虚構とイマジネーションで半分を埋めてしまえば、まぁー出来はそー悪くもない素敵な遊びに夢中になれるということさ。

さてと、そーそー記憶ばかりを忘れているわけにもいかなくってさぁーこれがオレの生きる道。
片目でみてた戯けた人間世界。
電子音のリアル…

生身の身体は次の日まで全くモノを受け付けない。
深く深くどこまでも深い睡眠。
狂ったステップ。叩きつけ蹴飛ばし捲くった足がまだ痛む。
これが現実ってやつだ。

落ちてくヤツは放っておけばよい。ヤツラがジャンキーであろーとなかろーとそんなことはオレにはどーでもいいことだ。

楽しむ事に貪欲であることがそんなに悪い事とは思えない。

ケチらずさぁー、がんがんがんがん、イレまくろーぜっ。
ドコまでも…
現実をイヤでも直視してしまうあの最悪な時までのことさ。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-11-25 20:49 | leftai
超速いのを聞きながら。

気分はサイケをということで。久々YOJIを聞いてます。

テクニカラーエナジーショウ
ヨージ・ビオメハニカ / / カッティング・エッジ
スコア選択:


また夢をみた…

都市伝説。

深夜枠で放送されているサスペンスとか探偵モノとかにママンが突然、感化・感染されて急に家を出ては都市伝説に目覚めてく…
イッツ、THE青い肉。
青い肉を求めて旅立った…ママンは何故か中村ウサギでした。
職場でそのことを話してんの、ワタシが。
そしたらみんな、その都市伝説とかTV番組とか知ってて、普段からあまりTVとかみらん自分は猛烈に疎外感喰らってました。もっと世間を知らないカンって、TVとかもっと観ようって思った。

b0055123_17503026.jpg



昨日はまた取材というか。

大体、書けませんけど。





ハイハイハイハイ!!!!!!!!!!!!!!!!!

傾いてる。

ワタシの視線も身体も。

何度も何度も食べたもの全部を吐き出しても…

それでも消えない…

ナンだ!?コレは!?

他人の話し声や会話が、動作の些細な事までが猜疑心で一杯だ。

何で暗証番号とかの話とかすんの?

何で、エロ系の話ばっかのの?

「絶対、セックスとかせんけんね!」
平常心で呟いた。

3Pとかイヤだ。

ワタシは一人になりたかった。

絶望感とか孤独感ってやつを日々、いっぱいいっぱい感じていてもだよ。
それでもワタシは一人になりたがる。

他人との距離感ってやつは難しい。

そんなことに心を悩まされるくらいなら一人の方がずっといい。

「勘繰り」とかって言葉、だいっキライ。

笑ってるよ、ワタシは一人でも。

つぅーか、色んなことをマジで清算せね、惨めさが募るだろーさっ。間違いなく。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-10-20 18:08 | leftai
超、鬱陶しい、ワタシ。

とか思って、勝手に狂ってましたというか、そんなんは名目ってな感じで、現実的なことを言やぁ~両親が共に東北とかに旅行に出かけてしまって、実家のネコの世話とかで実家に帰ってて。

DE・DA

で、だ。考える訳ですよっ。

なんかオモロイことないっかっつぅーて。

自分の部屋、二階、のベランダで。地域住人のこととか見渡しながらタバコとか吸うて。まぁー表層的には常識的な一般人とか気取ってて、インテリぶったりしてる手前、アートとかとはほど遠く真面目に生きてる昨今というか、人生コレまで。

そんなタバコなんてNGでしょ!?女の子は!みたいで、未だに親の前ですらタバコが吸えないイイ子をぶっている!ぶっているんだよ、ぶっている!

尻もぶってぇ!!!!!

OH~スパンキング!!!
ドエムな女…

で、思ったの。

デジャヴですか!?いやいや、15年前くらいにも10年前くらいにも同じコト考えてた事。

結局、あまり変わってないじゃん!?ワタシ!?とか。

序にルーツというかDNAレヴェルとかシナプスとか思ってみたけど、なんせバカだから。オカシクなってく過程とか原点とか。タバコ吸いながら思い出す訳ですよ。思い出すんですよ。

b0055123_21345531.jpg


うちは。建て替え、増築とかを重ね重ね、二件目のマイホームというホーム!!!
それから…うちは色んなことが起った。

まず、ワタシが大学受験に落ちて浪人してた。
立替二年目。ワタシは上京した、第一志望校は二年連続落ちたが。
三年目。弟が上京じゃなくて上京した、京都の大学に。

溌剌と東京ライフを送るワタシ。福岡と東京という遠距離恋愛を抱えながら。上野でイラン人から偽造テレカを購入し、公衆電話で甘い電話に酔いしれた十代最後。
まだマトモだった。
このあたりから兆しが出てきた!?

たまたま遠恋の果てに福岡に帰って来ては二十代だもの。だって人間だもの。アイダのよーに。セックスに余念がなく、金はねぇーが二人でいたい!とかで、母校の道沿いでいちゃつきまくり、挙句の果てに盗撮や卒業生に覗きにあうとか日々っすわっ。

夜遅く家に帰ると…
玄関に…
デカイみかん…

下に今朝の広告のチラシの裏に達筆な字で…

オヤジ、事故にあう!至急○○病院に!←みたいな置手紙があって…

真夜中駆けつける。

死ぬかと思ったね、おやじ。
つぅーか、それからも何度も死ねって口にはしてきたが。

そんな不幸が突然、降ってきて。


まぁーママンがポジティブな思考の出来る人だからでしょーか?
ママンの家系が超文型ってことが絡んでるからでしょーか?

三姉妹なんっすけどね、三人とも、このころ文芸ブームが到来してたのでしょーか?ね?
揃って、挙って、新聞とかに投稿しまくって、きゃきゃきゃと騒いでおったんですわっ、ホント。
月間MVPみたいなのとか目指して。

この辺は遺伝なのでしょー。多分。

それと「自虐」的なネタとか。

解りますか?ママンとかオヤジをネタにして
「介護、頑張ってマス!デス!」とか
「超生きてやる~」
「だから、あなたも生き抜いて!」

とか
まぁーそんなことは言わんくってもだよ、ギャグじゃなくても、ってか、ギャグ的要素ナッシングでですよ、新聞に投稿とかしてる訳。

ここまでだったらまぁーまぁーよくある話でしょー。

そこからがオモロかった。
笑えたよ、アノ頃も、今も。ワタシだけっすけどね。
不謹慎ですが…
ええ…何か?


b0055123_21354296.jpg



ある日、新聞社より一本の手紙或いは一通の手紙。

「アナタのエッセイに心をディープに打たれましたぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!」みたいな。手紙が届いたらしーっすよっ。

コレだけじゃワタシだって笑いません。

…強いては…ツキマシテハ…願いましては…改めてではございますが…

的な始まりで。手紙と…

一本のテープ…



プロだかアマだかわからん、どっかのオヤジがだよっ。

メッセージソングFORユーユーユーユー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

アナタに!!!!!!!!!!

だからアナタも生き抜いて!!!!!!!!

強く素敵に生きていて!!!!!!!!!!
生きるって素敵ぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ!!!!!

だって…人間だモノ…


自作自演のテープ。オリジナルな演奏。
作詞どっかの知らないオヤジ…
作曲どっかの知らないオヤジ…


玄関開けて、ただいまぁ!
変な歌が家中に木魂してて…
ママンが泣いていましたから!!!!!

ね、いつだって笑えることが付き纏う…


b0055123_21362858.jpg



ワタシはルーツや原点とかそんなに大したことでもないことまでを思い出しながら、記憶を辿って笑ってる。自虐している自分を笑う。



笑ってる?大丈夫?


青噛んで考える…
罰を飲み込み考える…
草で鰤って考える…
スピード焙って考える…
眠剤トリップを愛してる!!!!!



ワタシは…

正しい街を生きている

か?と。




4年ぶりくらいにヌードになって写メってる。

いやはやココももうすぐ5年目っすよっ。


基本「冗談の国」の住人でい続けたい訳。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-10-18 21:42 | leftai
友達にここを教えてもらって
http://www.tripatourium.com/flash/flashback.swf
ないんですよぉ…
どこにいったか解った人は教えてください


↓あまりにも感動しすぎて、10分そこらの画を文字にしたんだったなぁ…
画が想像できたら、或いは画をみてワタシの分がフィット!と思えてくれたらなぁーと、ふと思ってアップした次第です。


----------------------------------------------------------------------------------------------

「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー…」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」

ぶぅーぅうーん……

煩わしい!羽虫だっ!

 鼠色一色のビルディングを羽虫が潜り抜けながら、そのビルのある一室、リンビングの外灯、自分は蝿になって蛍光灯の黄色に向って飛び進み、そしてその黄色の電灯で身を焦がすとかなり熱いからなぁと思い、水色の単一の色で書かれた窓から出て行く。少しばかり焦げた虫となった自分の身体が臭うような気がする……。窓の外には単色のアスファルト……淡色の黒い車……さっきの淡色のビルディング…蛍光灯の黄色に向って……やはり蛍光灯を目指して戻ってきた。

「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」


Alberthalfman
as doc someoneelse as one 
psyco

「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」

 稚拙なアニメにガキが書いた又はある特定のキャラクターからのパクリの、それは女の子にみえる、そんな目を嵌め込むから……
男の目の不気味さが加速。増幅。
 なんだかイヤな気分になる。カタカタと身体を二つに折って単調な屈折を男は、ストレッチャーのような椅子に飛び乗って左右の両手と両足を一緒に動かす。青いスニーカーに黒の靴紐というのが気になって仕方ない。男の対面には白衣の、男の顔もやはりさっきと同じ構造で、アニメか稚拙な目をはめ込み気味が悪い。
 ストレッチャーの男の目蓋と、白衣が持ったライターを点火する音が。「かちゃ」男の目蓋の閉じる音、「かちゃ」白衣のライターの点火の音……「かちゃ」。同音で。男の目蓋が「かちゃ」と閉じ、開いて、目が赤く点滅、アシンメトリーすぎる目の。点滅に。赤…緑…水色…左右が異色が男の目に点滅し続けていく。

 白衣の叩く彩子な木魚の音が、とつっとつっとつっ……一つ叩くごとに、男の記憶が甦る。遡っていく……とつっとつっとつっ……

「old time……」男の顔には目から流れ出す灰色の涙が何重にも連なって流れている。
「no‘t be afraid!……」白衣の男の眉毛が大きく左右ともが釣り上がった。眉根に皺が寄る。

「ラストメモリー」とつっとつっとつっ……
「ラストメモリー」とつっとつっとつっ……
「ラストメモリー」とつっとつっとつっ……
「ラストメモリー」とつっとつっとつっ……

 万華鏡の仕組みなのさ、要は簡単にいうと。もっと複雑なだけ。全てがシンメトリーに。繋がって流れていく。連なって重なって、溶けて別のものになるが、見方によっては何れも実は大差ない。形が曖昧すぎるのだから。

 全身を原色でカラフルな文字だけで仕上げた河童が、貝殻の形をした皿を両手に持って、ペラペラと踊っていても、その仕上げる材料の文字が、有難い言葉ばかりであって、そのことにも注目してみるが良い。ここで目を離してはいけない。もっというと、目を細めたり、両の目を寄らせて分割してみたりするとなお良い。視界を狭めてみると、全能感が強くキマってくるから言葉の有難さが増す。増して、脳に素晴らしい快感がやってくる。

 スクロール!集中、融合して、分裂。上に向って……巻き上げられて……またもや分裂していく。分裂後は左右に飛び散って、原型をなくし、全くに対極な色となって、存在。
     
 低音が共に胸から脳へと到達した感じが…鎖骨あたりを心地よく圧迫。
分裂されたアシンメトリーなものが…増幅。増幅。増幅。笑いをかみ殺して……音に集中してすることも決して忘れてはいけない。単調な音とリズムの繰り返しで、意識が朦朧として、しかし神経の、血管の端々が妙に覚醒されていって。広がってゆく毛細血管の隅々までふつふつと沸き起こる冷たい感覚が。無限に。
研ぎ澄まされた色覚!聴覚!あらゆる細胞が、体中にパンパンに膨れ上がっていき…膨張して破裂しそうな、ギリで!!!
 ある一つのピースが融合や分裂を繰り返して、ある瞬間には人の顔になる。黄色のモナリザをなした。黄色の緑に映えるこのタイルの一つに自分が重なっていく!
 やがていつの間にか鳥に……やがて男に……色んなものに自分は変化を遂げる。

 いかにもその狡猾そうで凶悪な目をした、梟に、男に、あっちいけ!ししっ!と右手で追い払う手付きをしても猛禽類、男は一向に自分にお構いもなく、中央に向って男、梟と繰り返し変身しながら。最後は青い足をした、鳥になって……それから青い、火星にあるような、ずっと昔、異星人が書いたというマーベラス。そうだ!火星にあったんだ!昔っからソコに!

 なんだかわからないものに足が生えて、ぬらぬらとなって上に巻き上げられていく。

彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩子。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。彩気。

ぶぅーぅうーん……

煩わしい!羽虫だっ!

 鼠色一色のビルディングを羽虫が潜り抜けながら、そのビルのある一室、リンビングの外灯、自分は蝿になって蛍光灯の黄色に向って飛び進み、そしてその黄色の電灯で身を焦がすとかなり熱いからなぁと思い、水色の単一の色で書かれた窓から出て行く。少しばかり焦げた虫となった自分の身体が臭うような気がする……。窓の外には単色のアスファルト……淡色の黒い車……さっきの淡色のビルディング…蛍光灯の黄色に向って……やはり蛍光灯を目指して戻ってきた。

「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」

 湖の辺で白衣の男は木魚を叩きながら、ストレッチャーの男は相変わらずガクガクと身体を二つに単調に屈折している。屍骸となって髑髏の白衣の男とアニメの稚拙で単一な色彩の目の男の。木魚のとつっとつっとつっという音……

 反転して湖の水に風景が映っているのに!水面に映っているっていうのに!男と白衣が!存在するはずの白衣の髑髏とストレッチャーの男が水面に映えてない!

木魚の音がエンドレスに……

「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
「アイムノットクレイジー……」
木魚か…幻聴なのだろうか。
[PR]
by itsme.itsumi | 2007-10-15 22:31 | leftai